2010年12月12日

社会人になるために税金のことを勉強しよう

就活をしていたときは、OO株式会社の初年給はいくらで、30歳までにいくらもらえるとか
そんな会話をしてました。


00千万稼いで六本木に住もうとか、外車を乗り回そうとか
そんな妄想というか、取らぬ狸の皮算用をしていましたが
私の妄想は重要なポイントが抜け落ちていました。


それは、税金と社会保険です。


社会人の給与明細を見たら
支給額から
1健康保険
2厚生年金保険
3雇用保険
4所得税
5住民税
が引かれています。


支払額の計算は下記の通りです。

1健康保険 約10%(収入によって負担率が変動。半分は雇用者負担)
2厚生年金保険 15%超(毎年増額、半分は雇用者負担)
3雇用保険 1.55%超(0.95%は雇用者負担)
4所得税(0〜40%。累進課税)
5住民税10%


1−3の保険額は【会社からもらう給与】
4、5の税金は【課税所得】に対して、かかります。


ざっくり計算すると

給与が30万円だったら、だいたい
1−3の社会保険が、30万×13%=4万円


4,5の税金は
住民税+所得税=(課税所得)×20%

課税所得= 給与−(控除いろいろ)で計算されるので控除額によってことなりますが

主な控除として
給与所得控除で 120万円
社会保険支払い(1−3の費用)が48万円
基礎控除 38万円
があるので、 これらの控除額を合計すると206万円

課税所得=給与360万円(30万円×12カ月)− 206
    = 154万円

住民税+所得税= 課税所得154万円×15%
       = 23.1万円    

(所得税5%+住民税10%)

月額で割ると、19250円 になります





月額30万円稼いでも、社会保険と税金で6万円も持ってかれます。
ちなみに、この計算では所得税は最低クラスの5%でしたが
給与をもらえば、もらうほど所得税の比率は大きくなり、最大で40%にまで行きます。

そういうわけで、六本木に住んで、外車に乗るのはなかなか難しいわけです。


次回は、じゃーどうやったら所得税の支払いを減らせるのか?
を考えてみたいと思います。


ちなみに、この記事を書くために参考にした本






イラスト・ライター業を務める筆者が税理士に教わりながら、いかにして確定申告をして税金を納めるかを
分かりやすく解説した本。 どういう節税法が良いのか、税理士の生の声がきける。 サラリーマンでも2000万円以上稼ぐと確定申告をしなければならないので、将来高級取りになる予定の人は読んでおくべし。





サザエさんにでてくるマスオさんが、サラリーマンではなく、法人として(会社を設立して)今の仕事を請け負った場合
税金と社会保険の支払いがどれくらい違うのか、という比較をしているのが面白い。
税に対する前提知識がちょっとあると面白いと思う。




posted by 損しない金融知識 at 00:18| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。