2011年01月12日

相場で負けないために〜自分の限界を知ろう〜

孫子の兵法に
『彼を知り己を知れば百戦して殆うからず』
とあります。


投資の世界もこれは共通しており、自分の知識・理解の範囲を知ってその中で投資をすることは、損失を減らし利益をだすために絶対に必要なことです。


戦国時代であれば
戦争するか or 戦争以外の外交手段にかけるか
の2択しかありませんが、現代の投資の世界では
投資の選択肢は無数にあり、自分の得意とする分野を選んで投資をすることができます。


たとえば、自分は日本経済の行く先については良くわからないが
インターネット業界については滅茶苦茶詳しいとします。

楽天を買い
ヤフーを空売り

という売買をすれば、相場全体が上に行こうが下に行こうが
安定して利益を上げることができます。(これをロング&ショート戦略とよびます)



投資をするためには、マクロ経済について深く理解しなくてはいけないと思っている方も
自分の得意な分野があれば、その分野で十分に勝負することができます。


逆に自分の知っている範囲や理解以上のリスクをとる(たとえば、インターネット業界の専門家が日経平均先物取引を中心に取引をする)と、損失が大きくなってしまいます。


自分の知識・理解の範囲を今一度再確認して、適切な投資をしましょう。


posted by 損しない金融知識 at 11:39| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。