2011年04月01日

投資の反省(1カ月 1年 5年 のタームで振り返って)

こんばんは。
1カ月ちょっとぶりの更新になります。

ブログ放置だった期間も毎日20−30のアクセスがあったようで、ブログを見ていただいた皆様有難うございます。

これからは機関投資家の中の人になるので、このブログの趣旨も変わるかも知れません。


今日はいままでの投資してきたことを、1か月、1年、5年の期間でそれぞれ、ふりかえってみようかと思います。



1カ月間

今回の震災後は相場に翻弄されてしまいました。
時系列で書くと

11日 地震発生 3時まで取引時間10分残っているもそれどころではなかった。

14日 午前中の下げがー5%くらいだったので影響はそれほど大きくないと考えて保有株をホールド判断

15日 原発が水素爆発して株価が大きく下がる。この日は市場を見ておらず、底値で拾うこともできず。


ここで、前日に売らなかったことを激しく後悔。

16〜22日 
 
日経平均が9000円から9500円の上昇が理解できず。
(停電や消費自粛がファンダメンタルにあたえる影響を考えると9000円くらいが妥当かなという感覚)

23日 9500円で225先物をショート
30日 9750円まで踏み上げられて大けが

先物ショートポジションは、保有している現物株と同じ額=ニュートラルにしていたが、日経225の上げ幅がトピックスの上げ幅を大きく上回っており、ショートポジションが大出血。


期末で機関投資家のPKO(Price Keeping Operation)や日銀のETF買いかと推測



相場が荒れているときは、勝率がさがる(往復ビンタに負ける)
→速攻で投げるかホールドかを決め込むべきだった






1年間

初めてトレーディングをプラスで終えることができた。(5年目で初)

勝因は
1.トレーディングの頻度を下げた事(むやみにトレードしない)
2.リサーチの質をあげる
(四季報、決算短信などリリースされている情報にプラスアルファの価値はない。商品サービスが今後どれくらい売れるのか、そして利益をどれくらいあげられるのか、自分で考えた情報にこそ価値があり、市場に勝てる可能性がある) 

3.著名な投資家の本を読む (バフェット、ソロス、ピーター=リンチ、ジム=クレイマー が特に記憶に参考になった)




5年間

毎年、投資知識・技術の向上が実感できた。ただし、優秀な投資家さんが3ヵ月〜半年で会得していることを学ぶのに5年かかったことは否めない。

成功している投資家はみんな
@失敗→Aあきらめないで時間とお金の投資を続ける→B成功
の3ステップは通ってきているわけですが

2で投資をあきらめるか、どんなに時間とお金をつかっても成功できない
という人も多いと思います。



今後の目標は、成長のスピードを上げるかつ確実に成長を止めない。







posted by 損しない金融知識 at 00:36| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

証券アナリストの勉強

証券アナリストって取った方がいいんですか??

って聞かれることが多いので、取るメリットとか費用とかを書きます。


費用

1次、2次とも一回で合格した場合でも11万円程度かかります。

ただし、試験受けなくてもTAC等から出版されているテキストを買って勉強だけして、試験を受けないっていう方法でもいいと思います。


金融機関で働く予定のない人は、アナリスト資格を持っててもあんまり意味がないので。。。



メリット

・投資に関する基礎的な知識がつく

このブログで紹介している本や、アマゾンで星が4つ以上ついている本を数冊読んでも、割と基本的な知識でも抜けている部分があります。

証券アナリスト試験は、証券分析、財務分析、経済の3科目で構成されており、大学の授業で学ぶ金融や簿・会計、経済の授業に近いです。


勉強をしたからと言って、投資で儲かるかと言えば、ノーですが
知識不足による投資判断の間違いを減らせるという意味では効果的です。


教習所にいったから、自動車の運転で事故る可能性を減らせる。でも、レースじゃ勝てないよw
くらいの感覚で勉強すれと良いかと思います。


一次試験は基礎的な知識の確認問題、二次試験はケース問題に対して自分の意見を書く問題が主になります。 

二次のケース問題は、XXのケースで貴殿ならどういう投資戦略をとりますか?
的な問題が多いので、知識より理解力が問われます。


証券アナリスト資格をとる気がないなら
一次試験→二次試験と勉強すると結構大変なので、いきなり二次試験の過去問集を買って
用語をググリながら問題を解いていく方法が一番効率的に知識&理解力がつくと思います。



ちなみに私はこの問題集を使いました。

証券アナリスト2次試験過去問題集―証券分析・企業分析・市場と経済・職業倫理〈平成23年試験対策〉 TAC

証券アナリスト研究会 http://t.co/CqrJlmM


posted by 損しない金融知識 at 01:21| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ホームランを打つための投資戦略

本屋に行くと、「株やFXでOO億円稼ぐ方法」というタイトルの本が売られています。


普通に考えたら、そんなに大きく儲けることは非常に難しいのですが、狙えないわけではありません。

ただし、10倍を狙うような投資戦略と、毎年5%のリターンを狙う投資戦略は全く違います。

ホームランを打狙いと、送りバントを狙う打ち方くらい違います。



ジム・クレーマーの本によると、ポートフォリオの一部(10%-20%)にホームラン狙いの投資戦略を入れることは、投資で大きく成功するためには必要だと言っています。

(全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦 ジム クレイマー http://t.co/YhgducP )



どのようにホームランを狙うかは人それぞれですが、私は小型株や赤字企業に注目しています。
(人によっては、FXや先物・オプションでホームランを狙うと思いますが、それはひとそれぞれ)



小型株が狙い目と言うのは
時価総額が50億の企業が500億になる可能性は
時価総額が500億の企業が5000億になる可能性にくらべて
高いからです。

どのような業種の企業にも、売上の限界はあります。

ニンテンドーDSがどんなに面白いゲームでも、普通1人1台以上は買いません。
ユニクロのヒートテックは、1人3枚づつくらいは買うかもしれませんが、10枚以上は買わないでしょう。

こんな感じで、企業によって成長の限界があります。

売上高が低い企業は、まだまだ成長余地がある可能性が高いので株価が10倍になる企業を探すうえでは
小型株を狙うのは理にかなっていると思います。



赤字企業を狙うっていうのは
株価は赤字から、黒字に変わるときに大きく上昇するからです。


さすがに、10倍のホームランを狙うのは無理ですが、2〜3倍の長距打は狙えます。

例えば、6516 山洋電気(サンヨウデンキと読みます)

2010.3に40億円の赤字転落していますが、2011.3で36億の黒字に転換する見込みです。

売上の変化は、420億→670億。 株価は177円を底に630円まで上がりました。

売上が10倍になることはそんなにお目にかかることは有りませんが、1.5倍くらいの変化なら好景気→不景気→好景気のサイクルでは結構あります。




このように、優良株じゃない企業を狙うあたりがホームランのチャンスになります。







posted by 損しない金融知識 at 20:23| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。